ERPパッケージの導入|情報の一元管理による業績向上

男女

企業の災害時安否確認

オフィスレディ

日本は災害大国と呼ばれるほど地震の発生率が高く、近年でも大震災発生といった被害の大きな災害が発生しました。そういった大規模災害が発生した場合には多くの混乱が発生します。発生する混乱の中でも、自身の家族友人の安否の心配による混乱は大きいものかと思います。企業においてもそれは同じで、企業に勤める従業員の安否の確認は災害時に優先すべき事項です。安否確認によって企業が次に取るべき行動や早急な事業再開へ繋げることができるのです。
企業における従業員の安否確認において重要なことは従業員との連絡手段となるネットワークです。そのネットワークを実現するのが安否確認システムと呼ばれるもので、災害時にはその機能を最大限に活かし迅速な安否確認を実現してくれるでしょう。このシステムは災害発生時に自動で全ての従業員へメールを一斉送信し、防災管理担当者や情報システム担当者が連絡を送れない状況にあっても迅速に安否確認を行うことが可能です。また、メールだけでなく複数の通信手段による安否確認が可能なため、より確実に連絡を取ることができるのです。災害時には通信環境は飽和状態となり、メールが上手く送信できないといった場合もあります。しかし、このシステムはメールの送信が失敗したとしても自動で送信が完了するまで再送信を繰り返します。そのため、100%連絡が漏れることを防止することができるのです。企業に安否確認システムを導入することで、より迅速で確実な連絡を行うことができ、企業が災害の場において次にどういった行動を起こすべきか決定することができるでしょう。